こだわりの給食
本園の給食は、栄養士・調理師を中心として、保護者のボランティアによる手作り給食を提供しております。
地元の野菜を積極的に取り入れ、旬の食材を用いた季節を感じられるメニューを採用しております。
春はえんどう豆や菜の花、秋はかぼちゃやさつまいもなど、旬の食材を用いています。
そして、園の畑で「玉ねぎ・じゃがいも」などを無農薬栽培をしており、年に2回園児たちが収穫しています。
穫れた野菜は家に持ち帰ったり、園の給食でも調理して提供しております。
また、日本食の主食である米食を重視し、有機栽培、減農薬の国産ブランド米を使用しています。


献立とアレルギー対応食について
幼稚園にはPTA組織があり、『給食委員会』があります。
給食委員と専任栄養士・調理師とで給食委員会を開き、栄養バランス、
偏食矯正等を考えながら偏らないように工夫し作成されています。
献立表は毎月24日~25日頃に配布致します。
食事制限が必要なお子さまにはアレルギー対応給食があります。
献立表をご覧いただいて、食べられない食品は事前にご連絡いただき、
栄養士と相談の上対処いたしますのでご安心ください。
【アレルギー品目を除去する場合】と、【代替食で提供する場合】があります。
給食のお手伝いについて
園内の調理室では、栄養士・調理師を中心に、月に1回程度お手伝いができる保護者の方にボランティアをお願いをして給食の手作りをしております。保護者の皆様にも給食を召し上がって頂き、また日々たくさんの子どもたちの様子をご覧いただいております。
就園前の小さお子さまがおられる方、お勤めの方、看護・介護をされている方等個々に事情がありますので、強制ではございません。
『食育 』について
最近、よく耳にする『食育』。
子どもの頃から、からだによい食べ物を選ぶ目を育て、「食」の大切さを学び、好ましい食習慣と豊かなこころを身に付ける教育のことです。
「食」に興味をもつことは、毎日いただく「食べ物」を育てた大地、水、空気、太陽、そして季節や風土に興味をもつことでもあります。 豊かな自然によって育まれる生命のすばらしさ、愛しさを感じる「こころ」を育てる教育でもあるのです。
給食費について
現在の費用は、米食1回300円、パン牛乳食1回200円です。
月によって回数が違いますので、金額は一定ではありませんが、年間平均をしますと月額3,200 円前後です。
毎月授業料と同時に3,500 円(暫定額)銀行振替えいたします。
年度末に年間一覧表を配布し、実費との差額を精算いたします。
おいしい給食

かぼちゃの味噌汁・ カレーピラフ
あじのフライ・ごはん

<お誕生日献立>
チキンカツ・スパゲッティー
すまし汁・赤飯

にゅうめん・きゅうりの酢の物
やきししゃも・ごはん
クックパッドへ
給食レシピを順次クックパッドに公開しています。今では30万アクセスを超え、やさしい味付で素材のおいしさを生かしながらもしっかり出汁の効いたメニューは、保護者の方々からも好評をいただいております。  離乳食のレシピについても、「前期」「中期」に分けて、出汁の取り方や材料の切り分け方など、こまかな手順をご紹介しておりますのでご活用下さい。 手作りおやつのレシピもご紹介しています。